経絡の測定

経絡の測定には、どんな種類がありますか?

鍼灸学校の教科書で、経絡の測定機器として、良導絡や皮電計について書いてありました。
しかし、電気に詳しくないため、違いがよく分かりません。
真皮を測定しているamicaとは、どう違いますか?
(実際にあった、鍼灸師からの質問)


自律神経を計ろうとしたものと、皮膚自体を計るものがあります

経絡と自律神経

経絡とはなにか?
この問題に最初に体系的な回答を与えたのは、京都大学医学部・生理学教室の石川日出鶴丸先生(1878〜1947)だったと言われています。
戦後、GHQが『呪(まじな)い行為でしかない』と鍼灸を禁止しようとした時、理論と市民権を与えたのが石川先生でした。
石川先生は、自律神経と経絡現象の関わりを説きました。自律神経には求心性の線維も存在することを示唆するなど、詳細で斬新な研究成果とともに、経絡(鍼灸)の意義を主張しました。

自律神経を計ろうとした、良導絡と皮電点

石川先生の研究成果はその後、同じ京都大学の中谷義雄先生=良導絡、御子息の石川太刀雄先生(金沢医科大学・現金沢大学医学部)=皮電点として、引き継がれます。どちらも、自律神経、とくに交感神経の緊張によって現れる、皮膚の変化を計ろうとしました。

良導絡

交感神経が緊張すると、皮脂分泌が盛んになるという、皮脂腺反射を基本としています。
交感神経が緊張し、皮脂分泌が盛んなツボ(経絡)を探します。12Vの電圧を用いていました。
もともと、脊椎の両側を測定し、緊張の左右差を探す機器があり、これを見かけた中谷先生が経絡の測定に活用できないかと改良を加えた、と言われています。
当初は、交感神経が緊張し、電流量が増加した「興奮点」が注目されました。
しかし、電流量が低下した「抑制点」の治療効果が高いことが分かると、理論が矛盾してしまいました。
交感神経の緊張=病気の原因という考え方が、通じなくなってしまったからです。
また、感情面の影響を受け易く、変化率が200〜300%に達すると言われる皮脂腺反射を基本としているため、データが安定しないことが大きな問題点でした。

皮電計

交感神経が緊張すると、皮膚の血行が悪くなるという、皮膚血管反射を基本としています。
電流の流れにくさ(R)や電荷の溜まり易さ(C)を測定しました。+と−が交互に現れる交流電圧を用いていました。
石川先生親子の功績については、2001年の日本東洋医学会・学術総会の教育講演で説明されています(日本東洋医学雑誌、第51巻第4号、『内臓体壁反射について』多留淳文先生)。
膨大な研究がなされたものの、直流成分を含んだ電圧を加えてしまうと生体の内部を変化させてしまうため、データに再現性が無いこと、そして、電流の流れにくさ(R)や電荷の溜まり易さ(C)がどのような意味を持つか現在でも明確にしていないことが、大きな問題点です。

問題点と新しい発見

良導絡と皮電計は、電気による皮膚の測定では、自律神経の緊張を知るのは難しい、という問題点を浮き彫りにしました。
しかし同時に、電気による皮膚の測定=皮膚の状態を知ることで、経絡の虚実と呼ばれる現象は推測できそうだ、という経験則を与えました。

解決案としてのamica

そこで、皮膚の状態を、できるだけ少ない影響で測定する方法が考えられました。
物理的な試験で多用される、インパルス応答という方法で測定すれば、ほんの一瞬、小さい電圧をかけるだけで、皮膚の状態がわかります。
その成果が、AMI(経絡臓器機能測定装置)であり、アミカ鍼灸院が活用しているamicaです。
2,000分の1秒だけ、それも、3Vという弱い電圧を加えるだけで、皮膚の状態を測っています。
現在では、皮膚の中でも真皮層の水分(間質液)が、経絡の虚実といわれる現象に関わると考えられています。


真皮層から、どんなことが分かりますか?

表皮層と真皮層では、真皮層のほうがずっと厚く、血管も通っています。
抹消の代謝のようすなども、真皮層から分かると思いますが、実際に測定してみると、どんなことが分かりますか?
今までの基礎的な実験から、どのように考えていますか?
(実際にあった、鍼灸師からの質問)


代謝の良否や、ホメオスターシスの異常などが推測できます

電気が流れやすいところ

電気は最も流れやすいところを流れます。
例えばゴムと金属が並んでいれば、金属の部分を流れます。
生体でも同じ事が起こります。

皮膚の中では真皮層が電気を流しやすい

皮膚表面には、水分が少なく電気を通しづらい表皮(角質層)があります。
その下に、水分が人体内で最も多い箇所の一つで、電気を通しやすい真皮層があります。
さらにその下には、水分が少なく電気を通しづらい皮下脂肪があります。
皮膚表面に瞬間的に電圧をかけると、水分の多い真皮層に電気が流れます。

水分の多い真皮には、どのような働きがある?

表皮層が摩擦に強く、物理的な防御をしているのに対して、真皮層は発汗により体温調整を行い、温度変化に対する防御を行っています。
例えば、通常は発汗・蒸散によって皮膚から代謝される水分量は1日で600ml程度ですが、気温が30度を超えると体熱を発散するため、その量は10倍ほどにも増加します。
真皮層は、発汗・蒸散に必要な水分を体表近くに張り巡らせています。
普段から比熱の多い水分を体表に張り巡らせ、温度変化の影響を少なくし、熱の代謝が必要であれば毛細血管を開き、水分を蒸発させることで積極的に体温調整を行っているのです。また、上記のように電流を表面に沿って流すことで、静電気などの影響からも生体内部を守っているとも考えられます。

電流の大きさは真皮層の何によって決まる?

同じ電圧を加えたとき、どれだけの電流が流れるかは、電流が流れる物質の量(断面積)と電気の流れやすさ(導電率)によって決まります。
真皮層について具体的に言えば、水分の量と、そして水分の質(イオン濃度など)とによって、電流量は変化します。

水分の量は、気温によって変化する

上に書いたように、真皮層の水分の量は、体温調整のために変化します。
室温が高く発汗する要があるときは、水分量が増えるため電流も大きくなります。
逆に室温が低く発汗しないときは、水分量が減るため電流が小さくなります。
(明治鍼灸大学・東洋医学基礎教室との実験による。表皮(角質層)を十分に濡らし、条件を一定にして測定した。)

水分の質は、本来なら変化しない

これに対して、真皮層の水分の質は、気温によらずほぼ一定のようです。
このことは、ホメオスターシス(=生体内環境の恒常性維)を考えれば、極めて当然の結果ともいえます。
実際に、実験でもそのことは確かめられています。
物質がどのような量や形状でも、質が変化しなければ不変な数値があります。
一般に『時定数』と呼ばれるものですが、気温を変化させて測定を行っても、時定数はほぼ一定の値を示しました。
(上に同じ、明治鍼灸大学・東洋医学基礎教室との実験による。)

真皮層の水分を変化させる要因は?

真皮層の水分は、真皮を通る毛細血管から供給されます。
また、毛細血管は交感神経(自律神経)によって支配されています。
ストレスなどで交感神経が緊張していると、毛細血管は閉じられ、末梢の血行(代謝)は阻害されます。
逆に、休息して交感神経が弛緩すると、毛細血管は拡張し、末梢の血行(代謝)は増進します。

真皮層の水分は、ゆっくり変化する

真皮層の水分量は、言わば毛細血管からの水分供給の積分量なので、短時間には変化しません。
血流量や皮脂分泌量は、感情によって秒単位で変化してしまうのですが、水分量は分単位のゆっくりした変化を示します。
真皮層の水分量は、毛細血管の開閉=交感神経の緊張の『恒常的な』ようすを示している、とも言えます。

生体内環境の変化と自律神経

例えば、交感神経のセンターとして知られる星状神経叢(そう)をレーザー鍼でブロックすると、真皮層の水分量(を示すデータ)は増大します。
(埼玉医科大学・麻酔科 松本教授、古賀先生の実験による。)
真皮層の水分はまた、生体の内部環境(間質液)そのものです。
ホメオスターシスが保たれず、疲労物質が蓄積したり、必須イオンが不足していると、真皮層の水分の質が変化してしまいます。



経絡の虚実を、どのように説明していますか?

真皮層の状態から、抹消の代謝の良否や、ホメオスターシス(恒常性維持)の異常が推測できるそうですが、経絡や東洋医学と関係ありますか?
東洋医学でいう「経絡の虚実」をどのように説明していますか?
(実際にあった、鍼灸師からの質問)


経絡の虚実=抹消代謝の良否+ホメオスターシス

真皮層の水分の量からわかること

末梢の代謝の良否を推測できます。
抹消の間質液は、毛細血管からの水分の漏出で供給されます。
このため、交感神経の緊張によって減り、交感神経の弛緩によって増加すると考えられます。
また、サーモメータとの比較から、真皮層の水分は、体温が低いと減り、体温が高いと増大すると考えられています。

真皮層の水分の質からわかること

ホメオスターシス(恒常性維持)の状態を推測できます。
生体内の電解質が過剰になると、興奮したり発熱したりします(高張性脱水)。逆に、電解質が不足すると、機能が低下し冷えてしまいます(低張性脱水)。
水分の電解質の不足から、興奮したり発熱した状態(東洋医学でいう実)なのか、機能が低下し冷えた状態(虚)なのかを、推測できます。

安定したデータの特性

真皮層の水分は、ゆっくりと変化するので、高い再現性を示します。
GSR(良導絡が測定した、交感神経緊張による皮脂腺反射)のように、秒単位で変化することはありません。
特に、末梢代謝の良否(水分の量)の推測に用いるデータ(BP)は、変動率(標準偏差を平均値で割った値)が2%以下となり、生体の電気的な測定としては、高い再現性を示します。

経絡の虚実=抹消代謝の良否+ホメオスターシス

末梢代謝の良否やホメオスターシスの状態は、末梢(指ごと)に異なった特徴を示します。
その特徴が、東洋医学的診断=経絡の虚実と呼ばれる現象と相関がみられることが、確かめられています。
(『東洋医学 気の流れの測定・診断と治療』 宗教心理出版 本山博。)

経絡と自律神経、内分泌

東洋医学で用いられる経絡の『虚実』という言葉は、漠然とした概念のまま用いられ、その詳細=生理学的意味については、明らかにされていません。
生理活動の減弱が虚、生理活動の(異常な)亢進が実、と漠然と説明されていますが、具体的にどういうものかは示されていないのです。
しかし、上に示したように、末梢代謝の良否や、ホメオスターシスの状態で、虚実を説明できるとしたらどうでしょうか?
虚実の概念と良く一致するだけでなく、交感神経(自律神経)や内分泌による影響も、考察しやすくなります。

代替医療・相補医療の普及

伝統医学を現代医学に取り入れた、より充実した医療を、相補医療や代替医療と呼び、理想としている臨床家・研究者はたくさんいらっしゃいます。
そのためには伝統医学と現代医学が、お互いを理解しあう必要があります。
このページの、現実で分かりやすい説明なら、現代医学の視点で、伝統医学を理解できるでしょう。



過去の経絡測定に、問題点はありますか?

昭和の時代に開発された、各種の経絡測定の機器に、どんな問題点があると思いますか?
電気工学科出身ということなので、技術者の視点で教えてください。
(実際にあった、鍼灸師からの質問)


電極の問題が大きいようです

良導絡と脳波計

良導絡は、1950年代に開発されました。有名な良導絡チャートも、1958年(昭和33年)に製作されています。
その後、昭和40年代に入って、脳波計が急速に普及し、生体用電極(不分極電極)の知識も普及します。
良導絡が、生体用電極ではなく、簡単な金属棒を電極に用いているのは、脳波計以前に開発されたためでしょう。
また、現在のSONYが国内初のトランジスタラジオを発売したのが1955年でした(トランジスタは、電流を増幅するのに用います)。
良導絡が研究・開発された時期には、微弱な電流を増幅して測定する、安価な装置がありませんでした。
このため、電流量が最初から大きくなるように、大きな電圧をかけて測定するようになったと考えられます。

交流電流計の問題

中谷義男先生が60年前に良導絡を開発した当時、研究に用いたアナログ交流電流計では、測定値が安定するまでに0.5〜1.0秒を要しました。
このため、良導絡は電圧をかけ始めてから0.75秒後の電流値を用いた、と言われています。
良導絡は、当時の安価な装置で何がわかるか?という研究だったともいえます。
これは、安くて良い医療を実現したいという、中谷義男先生のお人柄の現われだったとも考えられます。
しかし、電極の問題、電圧の問題、測定タイミングの問題から、現在では「何を測ろうとしているのか?」が明確でない、という批判を受けてしまっています。

電極問題の影響

良導絡は画期的なアイデアでしたし、コンピュータ無しでも複雑な解析を行える「良導絡チャート」の発案など、さまざまな発明が盛り込まれていました。
この発明のフォロワーは多く、良導絡と同様の研究開発は多くみられました。
皮電計やEAVも、良導絡のフォロワーと考えてよいでしょう。
どちらも、良導絡が用いた、握り導子(手で握る電極)を用いています。
しかし、握り導子は精神性の発汗が多い手掌に密着するので、電流量が安定しません。
特に、電流量の変化(インジケータードロップ)を重視するEAVにとって、この不安定さは重要な問題のはずですが、改善されていません。

電極の改良と、生理学的な意味

amica(真皮間質液測定装置)は、AMI(経絡臓器機能測定装置)の研究成果を商品化したものです。
AMIは、心電図と同じ不分極電極を用い、3Vという弱い電圧で、皮膚の特性を測いました。
研究開発が昭和40年代に入ってから始まり、当時の脳波計のエンジニアが参加していたことが、良導絡との違いになりました。
測定条件が安定したため、「何を測ろうとしているのか?」が明確になりました。
amicaは、真皮層の水分について、量や質を推測しています。
このため、生理学的な意味も推測しやすく、東洋医学の診断にも活用しやすくなっています。
ある意味では、良導絡の問題点を理解し、改善した、健全なフォロワーといえるでしょう。

良導絡の(機器としての)問題

日本良導絡自律神経学会の重鎮だった故・成川洋寿先生にご指導いただき、良導絡についていろいろと学ばせていただいたことがあります。成川洋寿先生は中谷義雄先生の直弟子でもあり、中谷義雄先生が未解決のまま残した「100の宿題」に応えたいと、常日頃から話されていました。
中谷義雄先生は、生理学会から、「立毛筋が緊張している場所(の反対側)でも低い値を示すので、良導絡は交感神経の緊張とは違う値を示しているだろう」、という疑問を投げかけられ、測定のメカニズムを再考する中で急逝されました。
細胞膜の透過性など、中谷義雄先生はさまざまな理由を考えられましたが、解明を前に他界され、弟子たちに宿題を残したのです。
ところが、交感神経の緊張を測定するという当初の説明を、良導絡は未だに払拭しきれないままでいます。
大きな原因として、良導絡の測定機器が製品化され、固定化されてしまっていたので、新たな測定機器=新たな基礎データが必要となるような改革が望まれなかったのではないか?と考えています(改革的なアイディアも、既成概念、既製製品となったとたんに、新たな発展の重荷になる、ということなのでしょう)。
良導絡は、1980年代に入るとコンピュータを用いた機器になります。
もともと、トランジスタ(微細な電流でも把握できるようにする増幅器)が無い時代に、電流計一つで測定できるようにするため、高い電圧を用いていたのですが、コンピュータ制御になっても測定方法(電極や電圧)は改良されず、高い電圧を用いたままでした。
電極として、食塩水に浸した脱脂綿を用いていますが、この脱脂綿の水分量(水のしぼり方)や、食塩水の濃度について、つまり、測定条件として最も大切な部分は、改良もされず、不統一なままとなっています。良導絡には多数の製品がありますが、製品によっては電極部分の直径が異なり、皮膚に接触する面積が一定していません。
また、良導絡は経穴探索器としても使われますが、探索時のレスポンスを上げるため、1980年代からは瞬間値を測定できる直流電流計が用いられるようになりました。実は、電灯や電子機器の出す電磁波の影響で、瞬間値は大きく変動しています(数十KHzのノイズが生じていて、測定値が大きな影響を受けます)。
このため、良導絡の測定をすると、中谷義雄先生の時代に用いていた交流電流計(こちらは瞬間値の変化の波を押しなべた実効値という数値を示します)と異なった値を示してしまうのですが、1980年代当時の技術者が違いを理解できず、また、学者からの指摘があったのにもかかわらず無視して製品化したため、正しい測定ができなくなってしまいました。
良導絡測定が、かつてほど注目されなくなったのは、基礎研究が省みられなかったことと、コンピュータ化した製品を開発する際に学者の意見を聞かなかったこと、何より、測定方法の改良が無かったことが原因だと考えています。
このことは、成川洋寿先生とも生前に何度も話していました。成川洋寿先生から、良導絡の安くてよい機器を作りたい、電極については、特許をとるなど有限会社アミカ(私の会社です)で独自に開発しているようだから、技術提供してくれないか?というお話をいただいていましたし、ぜひ協力してよい製品を作りましょう、という方向で相談もしていました。(有限会社アミカでは、電極の接触面積や水分量を一定にするため、均質なフェルトを精度の高い特殊な刃で切り出し、測定条件を整えています。社内で開発した電極の特性を、国立・電気通信大学で追試験してもらうなど、検証にも時間と資金をかけています。)
成川洋寿先生と私は、どちらも電気工学を学んでいたため、製品が与える影響、製品を開発する姿勢について、話し合うことができたと思っていますし、いろいろと教えていただきました。
成川洋寿先生の「良導絡の発展を通じて、良い医療の実現に貢献したい」という姿勢は、師であった中谷義雄先生のお教えの現れだったのだろうと感じています。
成川洋寿先生にご指導いただきながらまとめた実験で、良導絡は交感神経の緊張(皮脂分泌による表皮の変化)だけでなく、真皮層の間質液の状態とも関わる測定値になっていただろうことを、統計的に確かめています(詳しくは、論文「良導絡の測定内容に関する、AMIによる考察」をご覧ください)。
こうした実験・研究が進めば、中谷義雄先生や成川洋寿先生、さらには、石川日出鶴丸先生、石川太刀雄先生といった、経絡の解明に努められた先生方のご期待に応えることができるのでは?と思い、努力を続けています。
(成川洋寿先生は故人なため、この項の内容についてはお許しを頂いていないのですが、成川洋寿先生の情熱やご指導いただいた内容をお伝えしたいと思い、掲載しています。)

EAV 補足

EAVは、1.25Vの電圧で、指先を測っています。
良導絡の時代と違い、電流増幅が容易になったので、低い電圧を用いて測定しています。
しかし、情報を得る指先の電極に「先が尖った真鍮棒」を使っています。
これでは、良導絡の電極(生理食塩水を浸した脱脂綿)より、安定性が低いでしょう。
もとになる測定値が安定しないのでは、どんなに複雑な解析をしてもあまり意味がないように思います。


 症例集1 経絡とは? ブログ 治療の実際 経絡の虚実 測定の方法 経絡図