経絡と治療

硬結や圧痛だけでは効果は半分

硬結や圧痛に鍼を打つと、劇的な効果を得られることが多いものです。
しかし、硬結や圧痛に刺して、響きも得られたのに、患者さんが納得してくれない、症状が取れない…一体どうしたらいいんだ?と、冷や汗をかいた経験がある先生は多いでしょう。そもそも、明確な硬結や圧痛が見つからない…!どうしよう!?という患者さんもいます。
そんなときにこそ、虚した経絡の治療をお勧めします。
第二、第三の技があると、臨床は楽しく、気持ちにも余裕が生まれます。
大丈夫。コツさえわかってしまえば、簡単にできます。

わかれば簡単!

虚実の傾向がわかれば、経絡を活用した施術は想像以上に簡単です。
これは、私自身が日々の臨床で実感していることです。

特に、虚している経絡では、温熱刺激で簡単に効果を得ています。
特に手技に拘らなくても、虚した経絡さえわかれば、背部兪穴を活用するだけでも、効果を得やすいものです。実際に、私は市販の電気温灸器(右写真)を用いていますが、ほとんどの患者さんが効果に満足してくださっています。

気虚だ、血虚だ、だからどんな手技が必要だ、吐く息に合わせて、精神を統一しながら…、なんて話は、とりあえず考えなくてよいと思っています。
それよりも、現実的で、「なんだぁ、簡単じゃないか!」と思えるような、経絡の活用方法をご紹介したいと思います。

経絡の典型例 鍼灸

「なるほど、これが経絡か」と、初心者のころに痛感した症例があります。
右側で、五十肩と膝痛の両方を訴えた患者さんです。
肩と膝、それぞれの検査をしました。
肩は外転が制限され、100°程度しか上がりません。
膝は内側広筋の萎縮がみられ、大腿周径で2cmほどの差があり、膝関節内側が痛むと訴えていました。
いずれも典型的な症状なので、それぞれの圧痛点に置鍼したり温灸をしましたが、効果を得ません。
経絡の測定で肺経と脾経に極端な虚傾向があったので、経絡の流れに沿って温めてみても効果がありません。
しかし、お腹が冷えやすい、咳が出やすいというので、右側の肺兪と脾兪(ともに背部の経穴)を温灸で温めたところ、肩と膝の症状が大きく改善しました。

経絡の典型例 漢方

同じような例が、漢方薬でもあります。
私自身の経験ですが、風邪をこじらせて、ひどい咳と胸部痛に悩まされたことがあります。
当初は葛根湯(代表的な漢方のかぜ薬)を用い、麻杏甘石湯、麦門冬湯など咳の薬も使ってみましたが、効果がありません。
乾燥すると肺が苦しく、緑の濃い痰が出て、1ヶ月以上苦しみました。
漢方医の勧めで、苓甘姜味辛夏仁湯(肺が冷えたときの漢方薬)も試してみましたが、どうしても咳が止まりません。
ところが、経絡の測定で脾経が強い冷えを示したままなことに気がつき、「鍼灸真髄」という本にも脾胃の経穴にお灸をすると喘息が治るとも書かれていたので、附子理中湯(附子人参湯=脾胃を温める漢方薬)を使ってみたところ、3日で咳が全快しました。
(このときは、漢方薬に拘わりましたが、脾胃をお灸で温めてもよかったと思います。)

とりあえず、兪穴と募穴だけ

私自身は、ほとんどの場合兪穴と募穴で補って効果を得ています。
もっと言えば、兪穴(右図)をじっくり温灸(温灸器)で温めるだけで、多くの患者さんで納得してもらえるだけの効果が得られています。
兪穴と募穴なら、鍼灸学校で必ず習っているはずです。整体の先生でも、すぐに覚えられます(片側12個の経穴が左右に並んでいるだけですから)。
目新しいことなど覚えなくても、測定さえすれば、今まで気付かなかった診療の大きなヒントが手に入ります。

測れば患者さんも納得

下図のように、指先を測定して、経絡の虚実の推測をしています(手足で合わせて28点を測ります)。
患者さんが「何を測ってるんですか?」と聞いてくれれば、その時点で患者さんの気持ちを掴めたと思っています。
抹消の新陳代謝の偏りを調べていると説明し、測定結果のグラフが乱れているようすを視覚的に示せば、患者さんご自身が鍼灸による調整をイメージしてくれるからです。
さらに、測定結果に即した硬結や冷えがみられたり、実際に治療効果が得られるので、患者さんに信頼していただくのがとても容易だと感じています。

虚実の推測法

経絡とは?のページでご紹介している遠り、私はパルスを用いて間質液のようすを測っています。
生体内環境≒間質液の変化から、新陳代謝が停滞している箇所を直接的に推測しています(自律神経や血行不良、疲労など、さまざまな要因で、生体内環境は変化します。これらの要因ではなく、結果にあたる生体内環境の変化を、直接的に測定しているので、虚実の推測精度が高いと考えています)。
指先(にある経穴=井穴)を順番に測定するだけなので、誰にでも簡単に測定できるのも大きなメリットです。
脉診のように、何千人に一人がわかるようになれるとか、わかるようになるまで何十年もかかる、などというものではなく、明確な原理の、簡単な測定です。

筋肉や神経で治らないときに

経絡の測定を20年続けている私でも、坐骨神経痛や肩・膝の痛みなどで、現代医学的な診断がはっきりする場合には、筋肉や神経を目標にした治療を第一選択にしています。特に、経絡の測定で極端な虚実が出ていない場合は、現代医学的な解釈に頼ったほうが無難でしょう。
しかし、上に挙げた五十肩と膝痛を併発している症例のように、経絡の測定で虚実がはっきりとみられる場合は、経絡を活用したほうが効果が高いと感じています。
教科書どおりの施術で効果を得られる症例だけなら、臨床での苦労は半分以下に減るでしょう。
「あれっ?なんでかなぁ、効かないぞ。患者さんも不満が募ってるし。どうしようか?」
そんな手詰まりな状態で、経絡の測定は大きなヒントになってくれることが多いのです。

測れば、治療法も使い分けられる

経絡に従った治療だけが効果的、というつもりはありません。
現代医学的な診断・治療法が有効な症例は数多くあります。
(伝統的な鍼灸治療をされる方には、現代医学的な解釈を全否定される方もいます(「脉診で全てがわかる!」など)。しかし、それでは発展がありません。)

大切なのは、「どちらが良いか?」ではなく、「この場合はどちらが良いか?」というように、対処法を選択できることです。
経絡の虚実を測定・研究して20年になりますが、経絡の測定結果が症状と全く関係が無い症例も多くみています。逆に、現代医学的には問題ないのに、症状だけがあって治療に苦しむ、という症例も枚挙に暇(いとま)がありません(たとえば頭痛のように、激しい痛みがあるのに、現代医学では効果を得づらく、鍼灸で快癒する症状は多数あります)。

鍼灸師は「治してこそ」の職業です。診断だけなら、さまざまな検査機器を用いる医師にかないません。「治すこと」に貪欲になり、治療法をいろいろと使い分けるべきなのですが、鍼灸師は理論に拘れば拘るほど、一つだけの診断法、一つだけの治療法に固執していく傾向があります。これではまるでダメなのです。

また、医師、薬剤師にしても、診断だけで治らない、というのはもちろん困るわけです。
現代医学的な解釈ではない、第二、第三の工夫。それこそが、代替医療として医師、薬剤師が求めている東洋医学の知恵でしょうし、経絡の虚実による治療だと考えています。

私自身は、日々の臨床の中で、施術を次のように使い分けています。

1)経絡の虚実が顕著で、症状とよく合う場合

経絡に従った治療で、良い効果を得られています。兪穴と募穴だけでも、効果を得やすいと思います。
 例1 : 肩痛と膝痛がセットになった症例で、肺経・脾経の両虚があると、背部兪穴で症状が取れる。
 例2 : 体力低下と緊張が同時にみられる症状で、肝経が虚していると、肝経を補って著効を得られる。
 例3 : 仙腸関節の痛みがあって、小腸経・膀胱経が両虚の場合、小腸兪・膀胱兪のほか、
      それぞれの経絡上の圧痛を探して円皮鍼を施すと、著効を得られる。
 例4 : 偏頭痛で、片側の大腸経、小腸経、膀胱経に虚実が集中している場合、腰下肢を含めた
      膀胱経の処置と 頭部の処置を併用すると、著効を得られる。

2)経絡の虚実が顕著だが、症状とは一致しない場合

経絡だけでなく、頚部のこりや側湾など、身体全体のクセをみて治療します。
 例1 : 冷房病の場合は、ばらばらに虚実が出て、規則性がみられないことがあります。
 例2 : 歯の治療で、片側で噛んでいると、普段と全く違うデータになって症状とかみ合わなくなります。
 例3 : 頚部に偏りがあると、半身に緊張、反対側に虚傾向が偏って出ている場合があります。
 例4 : 腰部に偏りがあると、側湾に沿って虚実が左右の兪穴に現れている場合があります。
例1では、データを参考に施術して、冷房病を緩和しています。例2では、測定結果をあまり活用できません。例3では、頚部を中心に施術しています。例4では、側湾に沿って背部兪穴で治療することで症状を取り、腰部(と下肢)の治療も行います。

3)経絡の虚実が不明瞭で、症状とは一致しない場合

降圧剤や向精神薬など、薬物の使用で測定値が影響を受ける場合もあります。
薬物の影響を考慮しながら、治療を進めます。
 例1 : カルシウム拮抗薬で抹消の血管が開くと、間質液が過剰になって、虚実がわかりづらくなります。
 例2 : 抗うつ薬や精神安定剤などを用いると、自律神経が不自然になるためか、間質液の偏りが少なくなります。
こうした事例は、間質液による虚実の推測の限界を示しているとも考えられますし、間質液の測定が薬物の影響の観察に活用できる可能性を示しているともいえます。薬物の影響を考慮しながら、測定結果を参考に治療しています。

4)現代医学的な診断が明確な場合

坐骨神経痛や、頚椎症などで、問題となる神経や神経根、関節などが明確な場合は、現代医学的な知識に基づいて治したほうが効果的な場合が多いようです。
また、このような場合は、神経の流れに沿った施術と、経絡に従った施術が一致することが多く、矛盾を感じないことが多いと思います。

経絡の測定結果に基づいて治療するときは、経絡の走行と、背部兪穴、胸腹部募穴で治すことがほとんどです。
(沢田流の治療法(腎虚に対して、へそ周辺の治療穴を用いるなど)も、場合によって活用しています。)
東洋医学的な診断の補足情報として、兪穴・募穴の触診と、漢方薬の腹証が出ているかを参考にしています。
現代医学的な診断の補足としては、整形外科的な検査を活用しています。
治療としては、いたってスタンダードですが、使い分けには拘っています。

治療を幅広く

沢田健先生の治療法として知られる沢田流は、1920年代ころから弟子の代田文誌先生の紹介で知られるようになったようです。
沢田先生は、どうして治るか?はあまり考えず、どうすれば治るのか?に重点を置き、経絡や漢方の知識を活用しながら、硬結などの反応を頼りに、臨機応変な施術をしていたようです(「鍼灸真髄」)。

沢田先生の亡くなった翌年(1939年)、「経絡治療」として知られる脈診中心の診療が、弥生会(後の経絡治療学会)として発展を始めます。「鍼灸は古典に還れ」というキャッチフレーズで、脉診に特化した診療を奨励し、脉診と五要穴のみを本治とした画一的な方法論を強力に啓蒙していきました。しかし、脉診による診療は古典の中では主流というわけでもないので、いわば「昭和に流行った鍼灸」といえるでしょう。

この、画一的なシステム化を試みる悪癖は、皮内鍼法(1950年代〜)、良導絡(1950年代〜)や皮電計(1960年代〜)、、中国で起こった電気針の導入(1970年代半ば〜)、中医学の活用(1980年代〜)、そして解剖学に基づいた現代医学的鍼灸(1990年代〜)にいたるまで、新しいものが流行るたびに必ずといってよいほど顔を出し、一つの治療法で全てが治ると言わんばかりの宣伝がなされます。

私自身は、それぞれの治療法を学び、使い分ける判断法が欲しいとは思いますが、なんでも治る治療法を手に入れようとは思いません。(そんなものは、ありそうにないからです。)

野球に喩えれば、時速200kmの剛速球を夢みるより、カーブとシュートとフォークボールを使いこなし、このバッターにはどの組み立てが一番有効か、と考えたほうが現実的です。直球だけより、カーブも投げられたほうが戦術(治療)の幅が広がるし、それぞれの球種を効果的に使えるというものです。

私は経絡の測定(を用いた診療)について、「古典に還れ」というスローガンでたった一つの新療法を絶対視することを広めるのではなく、「臨機応変に還れ」くらいの感覚で、臨機応変な使い分けを提案したいと思っています。
現代医学の知識と、経絡の虚実(として知られる経験則)を活用すれば、幅広い治療が可能になると思います。沢田健先生のように自由闊達な診療もできるようになるでしょう。
(「鍼灸真髄」を読むと、沢田先生は現代医学の治療法には否定的なことを話していましたが、現代医学の知識を活用することには、否定的でなかったように思います。)

経絡を測定することは、誰にも打てない剛速球を身につけることではなく、どこにどんな球を投げ込もうか相談できる、有能なキャッチャーと手を組むことに近いでしょう。

自らが習得した治療法を絶対視し、他よりも優れていると主張するのは、上にも挙げたとおり、鍼灸業界に脈々と続いてきた悪癖です。

これをお読みの先生はいかがですか?

私自身は、一人の治療家として、この悪癖に陥らないように気をつけていますし、できるだけ客観視できるように、経絡を測定しています。経絡の測定技術が、先生方の治療を幅広くするためにお役立ていただければ幸甚です。
 症例集1 経絡とは? ブログ 治療の実際 経絡の虚実 測定の方法 経絡図